お知らせ

NPO法人サポートネットひろしまからの最新のお知らせとトピックスをお届けしています。
タイトルをクリックすると、各お知らせページに移動します。

2017年9月21日 木曜日

廿日市市で講演会「高次脳機能障がい者のための知っておきたいエピソード」を開催します

キャプションなし

2017年10月5日(木)18:30~20:30

廿日市市あいプラザ3Fにて 廿日市市主催で講演会「高次脳機能障害者のための知っておきたいエピソード~手帳や年金の申請に役立ちます~」を開催します。

うねだや社会保険労務士事務所の畝田谷栄子さんとサポートネットひろしまのスタッフが登壇し、事例満載でお送りいたします。

チラシ及び申し込み用紙はこちら。

問い合わせ、お申し込みは、廿日市市役所障害福祉課 自立支援グループへ直接お願いいたします。

電話 0829-30-9128 FAX 0829-31-1999

2017年6月13日 火曜日

講演会「誰も教えてくれなかった高次脳機能障害者のための手帳と年金の話」を開催しました

2017年6月11日(日)13:00~16:30 広島市中区地域福祉センター大会議室にて 講演会「誰も教えてくれなかった高次脳機能障害者のための手帳と年金の話」を開催しました。

定員の100名を超えるお申し込みをいただき、会場は満席となりました。

キャプションなし

まず、社会保険労務士 畝田谷栄子さんからは、「障害年金 どんな人がもらえるの?」というテーマでお話をしていただきました。80ページにも及ぶ資料をめくりながら、障害年金の受給要件や、等級判定の仕組みなどについて丁寧な解説をして下さいました。

 

 

キャプションなし

高次脳機能センター医師 近藤啓太さんは、手帳や年金の診断書を書く立場から、高次脳機能障害を診る医師は脳外科や脳神経内科、精神科、リハビリ医などいろいろであること、診察室で何かが起きるわけではないので家族から医師に家庭で起きていることを診察時に聞かせて欲しいと思っていることなどをお話して下さいました。

 

キャプションなし

後半は、サポートネットひろしまのスタッフ4名が加わり、年金診断書の項目にそってエピソードを紹介し、診察場面でのやり取りを実演しながら家族から医師への症状の伝え方、家族からエピソードを引き出すための質問の仕方をレクチャーしました。

 

 

社会保険労務士、医師、言語聴覚士、家族、支援員、社会福祉士の立場からの意見や思いを会場で共有できた有意義な時間となりました。

お知らせ

一覧へ »

活動報告

一覧へ »

家族のための相談・学習の場

家族相談会のご案内

家族同士の交流や学習
の場を設け、広島県内
5カ所で開催しています!

  • 広島市
  • 廿日市市
  • 東広島市
  • 呉市
  • 三原市

くわしいご案内はこちら

家族会員・賛助会員募集

全国の脳外傷友の会と連携しながら高次脳機能障害者が安心して暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

  • 当事者家族会員
  • 賛助会員
  • 団体賛助会員

お申し込みのご案内はこちら

ピュア石けんの紹介はこちら»

お問い合わせ

個別相談のご予約・体験利用のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。