お知らせ

NPO法人サポートネットひろしまからの最新のお知らせとトピックスをお届けしています。
タイトルをクリックすると、各お知らせページに移動します。

2018年2月8日 木曜日

クラブハウスのスタッフを募集します

クラブハウス・シェイキングハンズは 障害者総合福祉法に基づく障害福祉サービス事業所で、高次脳機能障害に特化した 就労移行支援・就労継続支援B型 の事業を実施しています

「就労をめざす高次脳機能障害者の自立に寄り添い支援する仕事」を一緒にしてくださる方を募集します。

職種:支援員(パート)

資格:資格・年齢不問(未経験の方にも丁寧に指導します)

勤務時間:9:30~16:30(実働6H)

時給:900円~

その他:交通費支給(マイカー通勤 応相談)

事業所の見学をご希望の方は、ご連絡ください。

電話 082-847-0031

メールでのお問い合わせは、このホームページのお問合せフォームからお気軽にどうぞ  担当:濵田

2018年2月5日 月曜日

全国高次脳機能障害事業所職員ネットワーク研修会に参加しました

キャプションなし

2018年2月3日(土)横浜にて開催された「全国高次脳機能障害事業所職員ネットワーク研修会」にクラブハウス・シェイキングハンズの職員が参加しました。高次脳機能障害者の支援を実施している障害福祉サービスの事業所の現場職員同士が、各地での取り組みについて情報共有し、よりよい支援ができるようにという目的で開催される研修会で、今年度で3回目です。前半は、慈恵会医科大学附属第三病院 リハビリテーション科医師 渡邉修さんが「高次脳機能障害のある方の自動車運転再開への支援」というテーマで講演しました。右前頭葉と右頭頂葉が損傷していると、運転に必要な注意集中力と空間認知力に支障が出やすいとのことでした。渡邉先生は、段階を追って、机上の検査と実車評価で丁寧に運転再開の判断をするようにしているとのお話でした。日本は、視力や聴力、運動能力についての規定のみで、視野については規定が緩いため、半側空間無視による視野の欠損があっても視力がよければOKになってしまい、同じく半側空間無視で助手席側から声をかけられても気づきにくい状況であっても、聴力が問題なければOKになってしまう、という課題があるとのことでした。

キャプションなし

後半は、全国から集まった支援者がグループに分かれて座談会をしました。

 

2018年1月28日 日曜日

高次脳機能障害研修会が広島地区で開催されました

キャプションなし

2018年1月28日(日)13時〜16時30分 広島市南区地域福祉センター 大会議室にて平成29年度高次脳機能障害研修会(主催:広島県リハビリテーション講習会実行委員会  助成:一般社団法人日本損害保険協会) が開催されました。

たくさんの方に聞いていただくために、今年度は同じ内容の研修会を県内2カ所での開催を企画。この日は11月の三原地区の研修会に続き、広島地区での開催となりました。雪がちらつく寒い日でしたが、約140名の参加がありました。

医師で高次脳機能センター長の近藤啓太さんから広島県の高次脳機能障害の支援体制と課題についてお話がありました。リハビリや診断等の医療のことだけでなく、就労の支援をする機関や就労が難しい方が利用できる福祉施設、精神科のデイケア、障害年金の申請にも触れて、支援体制を紹介してくださったことが当法人としてはとても嬉しく思いました。高次脳機能センターコーディネーター高上清人さんからは相談の実情について報告がありました。昨年度260件あった新規相談は、65歳未満の方についての相談が半数以上を占めるとのことでした。地域と連携した相談事例の紹介があり、サポートネットひろしまのことや、障害福祉サービス、相談支援事業所、障害者就業・生活支援センター、広島障害者職業センターなど、地域にいろいろな社会資源があることをお話くださいました。いでした内科・神経内科クリニック院長の井手下久登さんからは昨年から開始しているという高次脳機能外来・デイケアの取り組みについて、NHKで放送された動画を交えて紹介がありました。

キャプションなし

後半は、当法人理事長 家族会代表の濵田小夜子と法人理事で言語聴覚士の本多留美が登壇し、家族相談会の話を中心に、対談形式で講演しました。家族が良い支援者になってほしい、という思いで始めた家族相談会は、現在県内5か所で開催しています。相談会では、グループ形式で経験者の家族が自分のエピソードを話したり、初めて参加する家族の気持ちを受け止めたりしながら、先の見通しを伝えます。相談会に参加した家族が障害の捉え方を学び、良い声かけができるようになってきている事例や、相談会の参加をきっかけに適切なリハビリにつながった事例などを紹介しました。激しい行動障害など、難しい症状に対応できるよう、高次脳センターに精神科の医師を配置するなど、機能の強化やネットワークづくりを要望したいと述べ、まとめとしました。

お知らせ

一覧へ »

活動報告

一覧へ »

家族のための相談・学習の場

家族相談会のご案内

家族同士の交流や学習
の場を設け、広島県内
5カ所で開催しています!

  • 広島市
  • 廿日市市
  • 東広島市
  • 呉市
  • 三原市

くわしいご案内はこちら

家族会員・賛助会員募集

全国の脳外傷友の会と連携しながら高次脳機能障害者が安心して暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

  • 当事者家族会員
  • 賛助会員
  • 団体賛助会員

お申し込みのご案内はこちら

ピュア石けんの紹介はこちら»

お問い合わせ

個別相談のご予約・体験利用のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。