活動レポート

NPO法人サポートネットひろしまの日々の活動を報告しています。
タイトルをクリックすると、各お知らせページに移動します。

2017年9月21日 木曜日 New

高次脳機能障害講演会「退院後、状況に合わせて考えておくこと」のシンポジストとして登壇しました

キャプションなし

2017年9月3日(日)大阪YMCAホールにて、社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団主催による 高次脳機能障害講演会「退院後、状況に合わせて考えておくこと」が開催されました。

広島市総合リハビリテーションセンター臨床心理士の山口加代子さんによる基調講演、橋本クリニック経堂院長 橋本圭司さんと当事者である武井雄喜さん・母親喜美恵さんによるトークセッションのあと、神奈川県リハビリテーション支援センター瀧澤学さん、社会福祉法人豊中きらら福祉会 工房「羅針盤」管理者 山河正裕さん、当法人の高次脳機能障害アドバイザー・言語聴覚士の本多留美が シンポジストとして登壇しました。本多は「高次脳機能障害のエキスパートは家族であり、水先案内人として家族の歩みに寄り添えるのが家族会である」と表現しました。また、できなくなったことの理解が退院後の大きな仕事であり、できるところを伸ばそうという視点でリハビリをする傾向にあるが、できなさに向き合い、折り合い、乗り越えるためには、できなくなったことを理解することが大事であると話しました。

瀧澤さんは、前任者から引き継ぎ、長く高次脳機能障害者支援のコーディネーターををされていたが、この4月から別の部署で難病患者の就労支援に携わることになり、現在は別の方がコーディネーターをされているとのこと。「ノウハウの継承」と「拡散」が大事だと話しておられ、面談には後輩が同席することで、技術の継承を行ってきたとのことでした。困ったときはいつでも相談して、と関係機関に伝え、地域の支援者を育てる思いで仕事をしてきたとのことで、できるたけ帰結はフィードバックするようにし、患者を依頼してきた医療機関がどんな対応をしたのかを真剣に考えていただけるようなシステムがつくれるといい、と話していたことが印象に残りました。

2017年9月21日 木曜日 New

第3回 高次脳×就労 研修会に参加しました

キャプションなし

2017年9月2日(土)大阪堺市にて、NPO法人クロスジョブ主催 第3回 「高次脳×就労 全国就労支援者の集い」に、サポートネットのスタッフ5名で参加しました。研修前日には、堺市内の高次脳機能障害支援機関の見学ツアーにも参加しました。いわゆる戦艦のように1つの機関で、急性期医療、リハビリ、自立訓練、就労支援を提供するのではなく、地域で役割を上手に分担して、機能していくシステムが堺市には構築されていました。ぜひ広島でもそんな素晴らしいシステムを作りたい、と思いました。 2日の研修会では、就労移行支援事業所クロスジョブ鳳の巴さん、世田谷区のケアセンターふらっとの川邊さん・井出さんによる 復職支援の事例提供と、それをもとにしたグループディスカッションがありました。「高次脳機能障害者の就労支援をしている」という共通項で集まった仲間との話は、とても有意義な時間でした。

2017年6月24日 土曜日

就労相談会に参加しました

キャプションなし

2017年6月24日(土)13:00ー17:00 ビッグフロント内 広島市総合福祉センターにて就労相談会が開催されました。広島市、広島障害者就業・生活支援センター、広島障がい者就労支援協議会が主催し、広島市内にある就労移行支援事業所、自立支援事業所がブースを構え、事業所の紹介をしたり個別に相談をうけつけたりする相談会です。クラブハウス・シェイキングハンズも参加しました。

お知らせ

一覧へ »

活動報告

一覧へ »

家族のための相談・学習の場

家族相談会のご案内

家族同士の交流や学習
の場を設け、広島県内
5カ所で開催しています!

  • 広島市
  • 廿日市市
  • 東広島市
  • 呉市
  • 三原市

くわしいご案内はこちら

家族会員・賛助会員募集

全国の脳外傷友の会と連携しながら高次脳機能障害者が安心して暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

  • 当事者家族会員
  • 賛助会員
  • 団体賛助会員

お申し込みのご案内はこちら

ピュア石けんの紹介はこちら»

お問い合わせ

個別相談のご予約・体験利用のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。