活動レポート

NPO法人サポートネットひろしまの日々の活動を報告しています。
タイトルをクリックすると、各お知らせページに移動します。

2015年8月9日 日曜日

職員研修報告(障害年金の基礎~応用を学ぼう)

平成27年8月8日(土)に、広島県医療ソーシャルワーカー協会主催の研修「障害年金の基礎~応用を学ぼう」に参加しました。

講師は、特定非営利活動法人 障害年金ヘルプデスク の社会保険労務士 松原智治さん、山下千絵さん。高次脳機能障害の事例についても教えてください!という事前のリクエストにも応えてくださり、いくつもの事例をまじえて、障害年金の申請手続きについてお話をしてくださいました。

専門家病気になってからの経過が長すぎてご本人だけでは書類の作成が難しい場合であっても、親身にお話をきいて経過を整理したうえで、関係する機関に出向いて申請に必要な書類を集めていくそうです。障害年金の診断基準の改正や、老齢年金や労災年金等の兼ね合いなど、とにかく複雑でわかりにくい年金の制度ですが、その分野に精通しているプロだからこそ、その方にとって最善の方法を考えてくださるのだと感じました。

障害年金ヘルプデスクでは、これから障害年金を申請しようと考えている障害をお持ちの方や、福祉・医療の関係者などからの相談を受け付けてくださる電話相談や、面談での相談会を行っているとのことでした。

高次脳機能障害サポートネットひろしまでも、生活の基盤を整えることを支援することの一環として、家族相談会の場やクラブハウスでの就労に向けての準備段階で、障害年金の申請についてお手伝いをする機会がありますので、とても心強く思いました。

 

2015年8月3日 月曜日

JOBJOBミーティングを開催しました

偶数月の第1日曜日に開催している、JOBJOBミーティングは 仕事に就いている当事者が集まり、自由に話をする会です。とても暑い日でしたが、今回は4名の参加がありました。

みなさんのお話をきいていて、体調の変化を自分で感じることは、仕事を続けるうえでとても大事なことなのだと思いました。あれ、おかしいな、と思ったら 家族に話してみたり、病院に行ってみたりすることで、ひどくなって仕事を長期に休んでしまう事態になるまえに、体調の立て直しを図ることができるからです。

一般就労を目指して、クラブハウスに通所されている当事者のみなさんや、当事者と一緒に生活をされているご家族にも知っておいてほしいことだと思いました。

2015年7月2日 木曜日

高取北・安西地域包括支援センター相談協力員会議に参加しました

037

キャプションなし

高取北・安西地域包括支援センターでは、地域住民や高齢者が暮らしやすい地域を目指して、民生委員や町内会の方といった相談協力員が顔を合わせる相談協力員会議を年3回開催しているそうです。介護予防教室や訪問活動など、地域包括支援センターの活動報告がありました。

038

キャプションなし

平成27年6月29日(月)に開催された相談協力員会議のなかで、サポートネットひろしまの支援員 山田京子が 「お互いが気づきあい、地域でつながりあって、支えあえるように・・・」と題し、「気づき」をキーワードに、高次脳機能障害の症状やサポートネットひろしまの紹介をいたしました。高齢者福祉の分野と障害者福祉の分野がうまく連携して、地域のために活動していけたらいいな、と感じた出会いとなりました。

お知らせ

一覧へ »

活動報告

一覧へ »

家族のための相談・学習の場

家族相談会のご案内

家族同士の交流や学習
の場を設け、広島県内
4カ所で開催しています!

  • 広島市
  • 廿日市市
  • 東広島市
  • 三原市

くわしいご案内はこちら

家族会員・賛助会員募集

全国の高次脳機能障害家族会と連携しながら高次脳機能障害者が安心して暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

  • 当事者家族会員
  • 賛助会員
  • 団体賛助会員

お申し込みのご案内はこちら

処遇改善の取り組みについて

処遇改善の取り組みについて

処遇改善の取り組み内容はこちら

ピュア石けんの紹介はこちら»

お問い合わせ

個別相談のご予約・体験利用のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。