高次脳機能障害者のための通所施設

障害者福祉サービス事業所  クラブハウス・シェイキングハンズ

就労移行支援事業

チャレンジ

自分に合った働き方を考え、就職活動に取り組む場

main_image

就労移行支援チャレンジは基本的生活リズムが整った方を対象としています。
さまざまな作業訓練や体験実習を通して、障害について認識し、自分に合った働き方や職種を考える場です。また、障害者職業センターやハローワークと連携して、就職活動から職場定着までを支援します。
就職後も随時職場訪問や相談を実施し、長く働き続けることが出来るようにサポートします。就労継続支援B型のワークステージからステップアップして利用する方もいます。

特徴-就労移行支援事業チャレンジはこんなところです!

一般企業に就職したい高次脳機能障害者を支援
「働きたい」という強い気持ちを実現に向けてサポートします。
障害特性を整理し、自分に合った仕事と職場を探す
障害の特性は人によって様々です。いろいろな作業に取り組み、自分にあった仕事を見つけ出します。
利用者それぞれの状況に合わせたサポート
作業、グループワーク、履歴書作成、施設外実習など、個人の状況に合わせます。
就職後も継続した支援を提供
就職した後も、スタッフが継続して職場を訪問し、自宅での様子を伺いながらご家族と一緒に支援していきます。

利用対象者

  • 高次脳機能障害があり、一般就労を目指す方
  • 働きたいけれど、どんな仕事が向いているかわからない方
  • 復職予定の方
  • (※利用にあたっては、「主治医の意見書」の提出をお願いしています)

利用定員

10

開所日時

月曜日~金曜日 10:00~15:00(土、日、祝日、年末年始は除く)

 
開所日 休 開所 開所 開所 開所 開所 休

利用開始までの流れ

チャレンジの利用には必ず面接と見学・体験利用をしていただきます。
それぞれの結果からスタッフによる利用判定会を開いています。

  • 予約
    お電話で面談日を予約してください。電話番号 082-870-0031
  • 面談・見学
    クラブハウスにおいでいただき、面談にてご希望をお聞かせください。
  • 体験利用
    体験利用1日 1,000円
    感じたことをお聞かせいただき、実際に利用するかどうか検討してください。
  • 利用判定会・利用決定
    スタッフで判定会議を実施します。結果を1週間以内にご連絡します。
  • 相談支援事業所での計画相談
    障害者の総合相談窓口である「相談支援事業所」と連携し、ケアプランをたててもらいます。
  • 利用申請
    ケアプランが出来上がったら、お住まいの市区町村の保健センターに電話予約の上、利用申請の手続きをお願いします。
  • 契約・利用開始
    利用申請後、ご自宅を訪問させていただき、クラブハウスと利用契約を結び、利用を開所日を決定します。
  • 支援計画作成
    何度かの面談の機会を設けて状況や課題の整理を行い、当面の目標を作ります。

1日のスケジュール

  • 10:00ラジオ体操
  • 10:05朝礼
  • 10:30訓練
  • 12:00昼休憩
  • 13:00訓練
  • 14:30終礼
  • 15:00終了

訓練作業を紹介

あらゆる作業に取り組むことで障害の特性を知ることができます。

ラジオ体操

ラジオ体操の様子

朝礼前、戸外で体を動かし、心をリフレッシュさせたら、さぁ、今日の訓練がスタートです

朝礼

朝礼の様子1
朝礼の様子2

働く上で、健康管理は大切なポイントです。睡眠、起床、体調、気分を毎朝確認します。声を出してあいさつの練習もします。

試供品を貼る作業では…

数量チェック、ものの見え方(上下がわからない等)、納期を守る、作業の見通しを持つ

試供品の手張り作業

清掃では…

屋外での清掃作業

道具の使い方、ゴミの見落とし、視野・注意を向けること、作業遂行力

郵便仕分け作業では…

郵便物の仕分け作業

立ち作業への耐性、数字・漢字の判別、集中力

パソコン入力では…

パソコンでの情報入力

注意の切りかえ、作業スピード、集中力

石けん作業では…

ピュア石けんのラベル張り

手先の器用さ、重量物の持ち運び、正確な計量

梱包作業では…

荷物の梱包作業

協働して行えるか、力の加減 

荷物の積み込み作業では…

積み荷の上げ下ろし作業

積むときの向きの理解、運ぶ時の体のバランス

ワークサンプルでは…

ワークサンプル1
ワークサンプル2

ワークサンプルは、障害者職業センターで開発された支援ツールです。パソコン、事務作業、実務作業など13種類の作業の疑似体験ができます。職業上の課題や補完方法を探るために役立てています。

終礼

終礼の様子

一日の作業報告をします。今日の気づきを明日に活かそう…どんな工夫が有効かな…利用者、スタッフで一緒にふりかえります。

履歴書・プロフィール作成

履歴種を書く訓練

障害の特性を整理して会社へ伝えられるよう一緒に作成します。

作業訓練を通して確認できた障害特性や強み、個性を踏まえ、どのような職種、職場環境がよいのか、配慮をお願いすることなど、自己理解を深め、整理します。
ハローワーク、障害者就労・生活支援センター、職業センター等の関係機関と連携を図りながら就職活動をサポートします。

職場実習

官公庁での実習

官公庁で、広報誌の発送作業をしました。

企業で実際の業務を体験します。
自分の課題を知ったり、補う工夫を見つけたり、自分に合う職種、職場環境、働きやすいスタイル(勤務形態、時間、場所、通勤方法など)を具体的に検討します。

スーパーでの実習(バックヤード)

スーパーのバックヤードで、野菜の袋詰めをしました。

スーパーでの実習(店舗)

スーパーで、品出しを体験しました。

就職後のサポート

定期的な職場訪問、電話やメールで悩んでいることや困っていることの相談にのります。

仕事を始めてみたら…

  • 職場の人となんだかうまくいかない
  • 指示が複数の人から出るので、混乱してしまう
  • 生活が乱れてきた

職場からは…

  • 何度も同じことを聞かれる
  • 指示の出し方に困る 等々

働く中で新たな課題が出てくることがあります。
利用者と職場双方の橋渡し役として、職場の業務環境や人間関係の調整、生活状況の把握に努めます。職場の方や、関係機関(ハローワーク、職業センター、障害者就労・生活支援センター等)、ご家族の方と話し合いを重ねながら、長期的にサポートします。

就職状況 2011年4月開所以降

就職した方の主な職種 ※2017年3月現在

接客・清掃、スーパーバックヤード(野菜の袋詰め)、介護施設の清掃業務、倉庫内の商品運搬・カート回収、ホテルレストランの食器洗浄、野菜の加工工場、楽器店の店舗整備など

その他
広島障害者職業能力開発校 入校
吉備高原職業リハビリテーションセンター 入校

ご利用するにあたって

  • 10時までに連絡すること
  • サンダル・ジャージは禁止
  • お昼はお弁当を用意してください
  • 作業工賃をお支払いします
  1. 欠勤、遅刻の場合は、朝礼が始まるまでに連絡をしてください。
  2. 服装は自由ですが、ジャージやサンダルなどは控えてください。
  3. 昼食は、お弁当を持参するか、近くの店舗で購入して食べてください。外食も認めています。
  4. 作業訓練で発生した収入の一部を作業工賃として支給いたします。

お知らせ

一覧へ »

活動報告

一覧へ »

家族のための相談・学習の場

家族相談会のご案内

家族同士の交流や学習
の場を設け、広島県内
5カ所で開催しています!

  • 広島市
  • 廿日市市
  • 東広島市
  • 呉市
  • 三原市

くわしいご案内はこちら

家族会員・賛助会員募集

全国の脳外傷友の会と連携しながら高次脳機能障害者が安心して暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

  • 当事者家族会員
  • 賛助会員
  • 団体賛助会員

お申し込みのご案内はこちら

ピュア石けんの紹介はこちら»

お問い合わせ

個別相談のご予約・体験利用のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。