活動レポート

NPO法人サポートネットひろしまの日々の活動を報告しています。
タイトルをクリックすると、各お知らせページに移動します。

2022年5月18日 水曜日

作業の様子 5月

キャプションなし

【掃除】

広島高速交通様から請け負っている仕事です。月に1度ワックスがけと窓掃除をしています。

【店舗内整備】

BOOK・OFF八木店様の店舗での仕事です。5月から2名の利用者と店舗に出向いて3時間店舗内の整備を担当しています。棚のホコリとりや洋服ハンガーの滑りをよくするためにバーを磨くなどの軽作業に取り組んでいます。

 

 

【タグ付け】

BOOK・OFF八木店様から請け負っている仕事です。今月から、店舗へ出向くメンバーがいるので、先月よりも少ない人数で取り組んでいます。

 

【タオルたたみ】

㈱日基リース様から請け負っている仕事です。クリーニング済のタオルをたたみ、20枚ずつ結束します。ゴールデンウィークのときは、普段よりたくさんの荷受けをしたので、一生懸命に取り組みました。

 

【シートはがし】

㈱アートブレイン様から請け負っている仕事です。指輪の台をパーツ別に磨いていきます。

 

【試供品貼り付け】

㈱ヤマサキ様から請け負っている仕事です。1週間で4000枚を仕上げます。作業が速い利用者は20分で100枚完成します。

 

【石けん】

長野の石けん工場から仕入れている石けんです。広島市就労支援センターを通じ、生協ひろしまの各店舗で販売しています。

2022年5月10日 火曜日

避難訓練を実施しました

キャプションなし

キャプションなし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウスでは、広島市の指導の基づき、昨年から年に1回、避難訓練を実施しています。

2022年5月9日(月)11時から今年度の避難訓練を実施しました。

利用者8名とスタッフ6名が参加しました。

昨年度実施したときに歩いたルートは坂道の傾斜がきつく、歩道の幅が狭くてボコボコしていて歩きにくかったという感想があったため、今回は別のルートで歩いてみることにしました。

今回の道のほうが、平坦で歩きやすかったという感想があった一方で、側溝の横を歩くルートであったため、大雨の時は危険だ、という意見も出ました。

何かあったときのことを想定して、実際にやってみることは大事だと思いました。

 

2022年5月2日 月曜日

学生さんが見学に来られました

キャプションなし

2022年4月27日(水)事業所近くの安田女子大学で看護を学ぶ学生16名が見学に来られました。安佐南区上安地区の民生委員伊藤様が調整してくださって実現した見学会です。大学近隣の社会資源を知ろうという取り組みの一環だとのことです。サポートネットひろしまのパンフレットをもとに、施設長の藤原が高次脳機能障害の主な原因と症状について説明し、クラブハウス・シェイキングハンズは就労を希望する当事者が通所して仕事に就くための訓練をする場所であること、当事者や家族の相談を受け付けていることを話しました。この日の午後、伊藤様が事業所に寄って下さり「大学の中で学ぶのとは違い、現場の人に話を聞くのは勉強になった」「将来、福祉のことも勉強してみたい」「卒論のテーマにしてみたい」といった感想があった、と教えてくださいました。大学を卒業した後、看護師や保健師として広島県内の医療機関や行政の窓口で働くことになるであろう学生さんたちが今日のことを覚えていて、いつか患者さんたちにクラブハウスのことを伝えてくださることを願います。
またこのような機会があれば、ぜひお話しさせていただきたいと思います。

お知らせ

一覧へ »

活動報告

一覧へ »

家族のための相談・学習の場

家族相談会のご案内

家族同士の交流や学習
の場を設け、広島県内
4カ所で開催しています!

  • 広島市
  • 廿日市市
  • 東広島市
  • 三原市

くわしいご案内はこちら

家族会員・賛助会員募集

全国の高次脳機能障害家族会と連携しながら高次脳機能障害者が安心して暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

  • 当事者家族会員
  • 賛助会員
  • 団体賛助会員

お申し込みのご案内はこちら

処遇改善の取り組みについて

処遇改善の取り組みについて

処遇改善の取り組み内容はこちら

ピュア石けんの紹介はこちら»

お問い合わせ

個別相談のご予約・体験利用のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。