活動レポート

NPO法人サポートネットひろしまの日々の活動を報告しています。
タイトルをクリックすると、各お知らせページに移動します。

2022年1月27日 木曜日

作業の様子 1月

【掃除】
広島高速交通様から請け負っている仕事です。雪のちらつくような寒い日もあります。
まん延防止等重点措置の対象になってからは、まんが図書館が予約受け取りのみの利用になったため、利用者が減っていますが、きれいな状態で使っていただけるように掃除をしています。

【みかん・ひじき販売】
1月から、ひじき・ぽんかん・いよかんの受付を始めています。

キャプションなし


注文書とクロネコヤマトの送り状を読みあげて確認したり、発送の確認などをメンバーがしています。
請求書の宛名書きにもチャレンジしています。

【タグ付け】
BOOK・OFF八木店様から請け負っている仕事です。古着に値札をつけてハンガーにかけて箱に詰めます。3月までの3か月間は、子供服のタグ付けもすることになりました。
服のサイズを確認してサイズに合ったハンガーにかけ、サイズチップをつける。ズボンはベルト通しに値札をつける、ベルト通しがない場合はスタッフが機械で値札をつける・・・・子供服はルールがたくさんあるので、同時にいくつものことに気をつけなければなりません。高次脳機能障害者にとっては、少しハードルの高い作業です。いつもよりは時間がかかりますが、確認しながら取り組んでいます。

【タオルたたみ】
㈱日基リース様から請け負っている仕事です。スタッフがタオルのほつれや破れ、汚れがないかをチェックし、メンバーがたたんでいきます。麻痺があるメンバーにも取り組んでいただける作業です。

キャプションなし

【シートはがし】
㈱アートブレイン様から請け負っている仕事です。「シートはがし」と「試供品貼り付け」の仕事に分かれて作業を進めています。指輪の台のシートの外側をはがし、糊の跡を削っていきます。力のいる仕事です。

【試供品貼り付け】
㈱ヤマサキ様から請け負っている仕事です。台紙に試供品を貼り付けていきます。毎週あるこの仕事は、「同じことの繰り返し」が安心な高次脳機能障害者に合った仕事ですが、今月から台紙の種類が変わったことで「いつもどおり」にできなくなった方もいました。

キャプションなし

2021年12月27日 月曜日

避難訓練をしました

キャプションなし

地震や土砂災害などの自然災害のニュースが多く聞かれるようになっています。
障がい福祉サービスの事業所でも、避難計画を作成して市に届け出をしています。
避難経路の確認や準備備品の確認のため、12月24日(金)13:30から午後のプログラムの時間を使って避難訓練を実施しました。参加者は利用者8名とスタッフ5名。点呼して人数を確認したあと、事業所から指定避難所となっている安小学校までの道のりを歩いて避難します。
歩いて10分程度のところですが、「コンクリートが盛り上がったところがボコボコして歩きにくい」「信号が青のあいだに渡り切れるか心配」「雨の日は坂道を雨水が流れて転ぶかもしれない」など、いろいろな気づきがありました。
今回の訓練での気づきをもとに、ルートの検討や備品の見直しを実施します。

2021年12月16日 木曜日

介護支援専門員の研修で講師を務めました

キャプションなし

安佐北区介護支援専門員連絡協議会の定例研修会にて、当法人副理事長で言語聴覚士の本多留美とサービス管理責任者の藤原希恵が講師を務めました。テーマは、『高次脳機能障害の理解と支援方法』『知っておきたい基礎知識と現場での支援のポイント』。

研修会は、2021年12月15日(水)13:30~15:00にzoomでのオンライン研修の形で行われ、48人の介護支援専門員が参加しました。「講演会で聞いたことを利用者の家族にお伝えしたところ、少し安心されたようでした。障害への理解と家族に対する支援がとても大切なのだと改めて感じました」と後日感想をいただきました。

サポートネットひろしまでは、研修会の講師派遣も行っています。
お問い合わせください。

お知らせ

一覧へ »

活動報告

一覧へ »

家族のための相談・学習の場

家族相談会のご案内

家族同士の交流や学習
の場を設け、広島県内
4カ所で開催しています!

  • 広島市
  • 廿日市市
  • 東広島市
  • 三原市

くわしいご案内はこちら

家族会員・賛助会員募集

全国の高次脳機能障害家族会と連携しながら高次脳機能障害者が安心して暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

  • 当事者家族会員
  • 賛助会員
  • 団体賛助会員

お申し込みのご案内はこちら

お問い合わせ

個別相談のご予約・体験利用のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。