特定非営利活動法人 高次脳機能障害サポートネットひろしまについて

代表挨拶

私の娘は18歳の時の交通事故により、高次脳機能障害になりました。外見は全く障害が見えません。大学も復学したものの続けることができず退学し、その後ひきこもりの時が6年あまり、何の情報も支援もなく、苦しい時を過ごしました。

2001年、同じような家族の声が新聞に取り上げられその情報を頼りに、全国の仲間に出会いました。手を携え、国への働きかけをしてきたことにより、現在のような支援が作られたのです。

私の辛い体験から、悩んでいる方には必要な情報を提供したい、友達のいなくなった娘のようなさみしさを味わってほしくない、そんな思いから当事者の支援をはじめました。見えない障害は家族が一番感じています。でも正しい障害の理解がなければ、障害として周囲の人に伝えることができません。
家族にとって必要な情報は何か、当事者が安定して生活できるためにはどうしたら良いのかを常に考えながら、当法人は活動をしています。

障害を理解していなければ、とても扱いづらい人ですが、理解をして対応すると、年単位で回復が見られます。元の人生とは違うけれど、今の人生もいいかもと事故から20年たった娘が言います。

「生かされた命を生きがいのある人生に…」

高次脳機能障害者の新しい人生を見つけるお手伝いをさせていただいています。

理事長・家族会代表濵田 小夜子

理念

高次脳機能障害サポートネットひろしま

(定款に記載された目的)
交通事故や病気により脳に損傷を負い、後遺症として高次脳機能障害を持った者、および家 族が主な利用者となる。この人たちに行政機関、医療機関、福祉機関などの情報を提供することや、高次脳機能障害者と家族の相談や情報、交流の場を提供すること、障害者総合支援法に基づく福祉サービス事業により、医療リハビリテーション後の生活訓練、社会参加準備訓練などの自立のための支援と就労のための支援を行い、さらに、社会に対しては、この障害の理解を深めるための啓発活動を行い、この障害者と家族が安心して暮らせる社会作りを目指す。

Contactお問い合わせ

個別相談のご予約・家族相談会のお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。

080-4901-5613受付時間 10:00〜16:00(平日のみ)